二世帯で住んでいた父がいつしか一人でふらふらと散策に出かけては毎回葬儀やお墓などのパンフレットを貰って帰り色々と話を聞かせてくれました。
葬式と言う定式を果たすことで近しい人の死というつらい現実を受け入れ、人生に再スタートを切ることができる、行動する足がかりとなります。
葬式は寺院の仏教者による授戒(仏門に入る人の戒律)と引導(故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を彼岸に導くこと)を行う佛式で、鉄則では近親者が列席していました。
葬儀告別式を順調に行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので、普通に思われることでも、ご連絡ください。
最近宗教者は葬儀式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)で読経する人という感じがしますが、先般宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを原則的にわかるように、伝達するのが役割なのです。

今日日は通夜・告別式をやらない直接火葬して納骨をやる『直葬』を執行するご家族が増えているそうです。
もしも葬儀の式場一つに関しても一流ホテルの最高級会場が希望だということもあれば、お寺の格式高い雰囲気の中で、お別れしたいという家族もおられるようです。
親族や親類への心の声を告知する帳面として、また本人のための記憶清算手記として、年齢に縛られずサラリと筆を進める事が可能な、営みの中でも有益なノートです。
静かでひっそりとした葬式を考えていながらも高価な祭壇や華美な演出を奨励されるケースは、葬儀社の考え方が、出来ていないということになります。
遺族代表はお通夜・葬儀の実務的な部分の責任者となり広範囲の役割として出席者へのご挨拶、などが存在するようです。

仏の供養をやる家族が失せてしまうとか関係者、の代理人として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に連絡を取り、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】がお亡くなりになられた命日に、ある程度の年数、供養を実施して貰う事、永代供養と呼んでいるようです。
葬儀社ってのは葬儀に絶対不可欠な支度を所得し葬儀を執り行う役目を、背負う仕事を行う組織で、葬儀を執り行う仕事や、それに就業する人の事を意味します。
今に至るまで葬式文化を斡旋に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と一般人は首の皮一枚で接点を持ってきたが、その宗教的行為においても、仏事行事離れが始まった。
自分の葬儀や葬送の方法について生前から決定しておく事を希望する人奥様と話し合ったりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
能動的に書き写したリビングウイルも現存を揃って知らなければ値打ちはなくなるので、信認が厚い人に伝言しておきましょう。

葬儀 手順