四十九日までは七日ごとに供養する

法要は法事ともいい、
故人の霊を慰め、
冥福を祈る行事です。

仏教では、
死亡してから7週間ちゅ、
ついん(却日間)を「中陰」といい、
この間、
故人は現世と冥土をさまよっているといわれます。

そして、
冥えんまだいおう土では7日ごとに7回、
悶魔大王の審判が行われるので、
故人がよい審判を受けるように、
遺族が7日ごとに供養します。

最初に行う初七日法要は、
最近では葬儀の日に遺骨迎えと一緒に営むことが多くなっています。

まかたなぬかむつな由かた、
死後凶日目の二七日から六七日は身内だけで供養するか、
省略される傾向にあります。

四十九日法要は盛大に行う

七対酌忌(四十九日)は「満中陰」といい、
冥土では閤魔大王の最後の審判が下される日です。

四じゅうくにちほうよう十九日法要には、
故人の成仏を願って、
親族、
友人、
知人を招き、
僧侶に読経してもらい、
法要後には「お・粛」といわれる会食で僧侶と参会者をもてなします。

また、
この四十九日法要をもって、
親族が外出を控える「忌」の期間が終わり「忌明け」となります。

後飾り壇を片付けて、
白木の位牌を菩提寺に納め、
黒塗りか金箔の本位牌を仏壇に安置します。

神棚に貼った半紙もはがします。

百か日法要は、

最近では省略するか、

四十九日法要と一緒に行うことが多いようです。

三十三回忌で「弔い上げ」とする

百か日法要の次は、
年ごとに行う「年忌法要」になります。

死亡した同月同日の命日を「祥月命日」といい、
年忌法要は節目の年の祥月命日に行います。

一周忌は死亡した翌年に、
僧侶や親族、
友人、
知人を招いて行います。

翌年は三回忌となり、
一周忌同様に盛大に行います。

七回忌、
十三回忌は規模を縮小して行うことが多く、
三十三回忌までは省略する傾向です。

一般的に三十三回忌で法要を終了させ、
「弔い上げ」とすることがほとんどで、
その後は「先祖代々」の供養としてまとめて営みます。
年忌法要以外の毎年の祥月命日にも花などを供え、

心を込めて供養しましょう。

 

葬儀 手順