仏式に限れば安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の手立てについては仏式以外の様々な宗教や宗派によって習わしが変わっていきます。
住まいで身内だけの法事をされるケースで戒名ではなく亡くなった人の氏名のほうが心にしっくりくるとしたらそれはそれとして悪くないのでは、無いんじゃないかと考えます。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)とは従来古来神道の言葉遣いでセレモニーや儀式を行うところを言いましたが、近年では、転じて中心に葬儀を施すことがすることが出来る場所を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言います。
あるいは万一のときは生前相談を、されていた葬儀社に葬儀を要請することが可能だから、いよいよ起き始めた時も次第に手を打つことが難しくありません。
尚且つ式場への宿泊が難しいとき、現地からの参列者の民宿の準備をしたり、貸衣装や身支度など、葬儀式では色々と偶発的な問題があります。

家族代表はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)・葬儀の実際の部分の代表となり広い役割分担はご列席者への挨拶、などが存在します。
祖先に対しての供養となっているので身内でした方が、良いと思いますが、色々な都合で、できないケースには、お寺に電話を入れ、卒塔婆を立てるお参りだけを、要請する事もあります。
お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)は本来は親族や近しい人が徹夜で仏に寄り添うのがいっぱんてきだったが、今では暮夜に終わる半通夜がポピュラーです。
日蓮宗のお寺などにお詣りしたことがある方だったら存じると思いますが、寺院に踏み入れてみると、最奥部の仏像を安置されている蓮台や修行僧が拝礼するための壇が存在します。
素晴らしい方と過ごした価値ある時間が現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で亡くなった人のの霊を供養し集結した親族や友達と、悲しみを分かち合うことで、心がケアされていくのです。

お葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)にこだわりなんかといったような意外と思うかもしれませんがお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を想定する場合には何を大事にどこを優先すべきか、と考えることです。
一思いに清書した遺言ノートも場所を揃って知らなければ価値がないので、確信が持てる人に教えておきましょう。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の具体的イメージとして素人は『遺族だけの祭事』『遺族と友人だけの葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)が多数派で、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の境界にに関する同感も違うそうです。
率直な骨格がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という類語ですが、主体として家族や近しい人を軸とした少数での葬儀の公称として常用しています。
主要な人のご危篤を医者から告げられたら、血縁者や本人が会いたいと思っている人に、いち早く連絡しましょう。

葬儀 手順