聖人の教えを仲立ちして日頃の厄介ごとを排除したり、幸せを渇望する、あるいは、如来を通して先人のお詣りをするのが仏壇の役目です。
奥様の父親は浄土宗でお位牌を預け入れるのですが、僕の在住傍には禅宗の寺が存在しないのです。
納骨堂は各地に建てられておりお参りに便利な駅に近いお寺や喧騒から離れた、静かな寺まで、バリエーションは豊富です。
祭事はお寺の宗教者が授戒(戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導く)を行う仏事で、原則では家族のみが参加されていたようです。
地域密着が伝統的という葬祭業者が多いですが昨今は花祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)が上手な葬儀業者など、独自色を活用した、葬儀業者も多く出現しています。

先祖代々おまつりされていた仏壇にはキズやシミの付着木地の反り金具の壊れ、彫刻の破損金箔のはがれ、等で、見た感じが悪くなります。
尚且つ斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)へ泊まることが容易ではないとき、遠離からの参列者のホテルの予約をとったり、レンタル衣装や身支度など、仏事では何かと急なトラブルが起きます。
祭事は多数も実現するわけではありませんので、覚えている葬儀屋がが殆どなくて病院が仲介した葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に用いる事が多々あります。
例として葬儀の式場一つに関しても見事なホテルの会場が良いという方もいれば、寺院の勇壮な雰囲気の中で、お別れしたいという家族もおられるようです。
忌明けの法事まで行使するというのが常識にてお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)またはお葬式に参加出来なかった人達が、参列した際には、ここでお線香をあげていただきます。

被葬者の意思を尊重し身内だけで葬儀を終わらせたところお見送りの場に参列出来なかった方々が、手を合わせたいと頻繁に自宅へ、訪れてくださいます。
家族葬の感覚として世間的には『家族だけの葬儀式』『家族と友人だけの仏事』が多くいるようで、家族葬儀の縛りにに相関する理解も様々のようです。
徹底して列席者を数人くらいお呼びしていかほどの大きさの葬儀を行うことをチョイスしたり、故人の信仰を配慮して、どのような形の葬儀式を行うかを選択したりしていきます。
通夜葬儀を行うための疑問点や不安点などお客様と葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)との大切になりますので不安に思われることでも、お聞き合わせください。
今までは通夜は故人の関係深い人たちが終夜仏の横で見取るのが一般的でしたが、近頃は訪問者を参じて通夜を施工し、2時間程度で完結するのがだいたいです。

葬儀 手順