最後の別れ花

出棺に先立って親族や会葬者による最後の遺体との別れの儀がありま,魂告別式の後、
近親者や友人が棺を祭壇から下ろし、
頭が北を向くようにします。

遺族、
近親者、
友人など、
故人と縁の深い順に最後の対面をします。

このとき、
親族や会葬者の手で、
祭壇や棺のまわりに飾られていた供花を棺のなかに入れ、
遺体のまわりを花で飾ります。

これが「別れ花」です。

花は葬儀担当者が、
おぼんに入れて準備して手渡してくれま手弗故人の愛用品などを棺のなかに入れる場合もありますが、
金属製やガラス製のものは火葬のときに遺骨を傷つける恐れがあるので入れないようにします。

順次お棺のなかに入れて倉故人をいっぱいの花で見送りしてあげます。

最後の対面が終わると棺にふたがされ、
くぎが打たれます。

火葬場で火葬する前に、
もう一度棺の小窓から故人の顔を拝むことができますが、
このときが故人の姿を見ることができる最後の時間です。

十分に別れを惜しみます。

別れ花

くぎ打ちの儀式

お雛れがすむとア、
ぎ打ちの儀式」が行われます。

くぎを打つ場合は、
葬祭業者が金槌で半分打ち、
その後遺族が血縁の順にこぶし大の小石で軽く2回ずつ打ち、
最後に葬儀社の人が金槌で封じるのが一般的です。

くぎ打ちの儀式は、
死者が渡るといわれる三途の川を渡り、
無事に浄土へたどり着くようにとの願いを込めて行われるとされています。

また、
くぎ打ちを行わない地域や、
宗派もあり、
くぎ打ちを必要としない棺もあります。

くぎを打たない場合は、
棺にふたをして、
そのまま出棺となります。

 

棺を運ぶ

くぎを完全に打ち込んだら潅棺をれいきゅうしや霊枢車まで運びます。

棺を運ぶのは近親者や親しい若い男性6人ほどで行います。

棺は、
かなりの重さになるので力のある男性が数人で運び出します。

運び出すときは、
遺体の足のほうからで、
霊枢車にも同じく足のほうから納めます。

位牌は喪主が、
遺影は喪主の次に故人とのつながりの深い遺族が、
両手で胸の上にしっかりと抱くように持って棺を先導します。

式場から霊枢車まで離れている場合には、
喪主、
遺族、
近親者は位牌と遺影を持って後に続きます。

死者の霊が戻ってくるのを防ぐために故人の使っていた茶碗を割るなどの風習があります。

自宅から出棺する場合、
通常の出入り口である玄関を避け、
縁側から運び出すところもあります。

 

出棺の挨拶

出棺に先立ち夷喪主もしくは遺族代表による挨拶が行われます。

出棺の見送りをしてくれる会葬者に対して、お礼を述べます。

 

短くても自分の言葉で挨拶をすることが望ましいです。

ポイントは、

1自分と故人との関係
2会葬のお礼
3生前、故人がお世話になったことに対する感謝の思い
4これからの遺族への支援のお願い

 

などの言葉を続けます。

2と3のあいだに、
故人の簡単な履歴やどのような病気でいつ亡くなったということを含めたりもします(しなくても結構です)。

なるべく普段使っている言葉で話すほうが、
間違えにくく、
相手にもよく伝わりますので、
あまり気負わず看一会葬者に対してのお礼」だということを一番に考えて、
話しましょう。

あらかじめ紙に書いておき、
それを読む場合もあります。

喪主が挨拶に立つのであれば、
挨拶が行われている間篇喪主の代理が位牌を持ち、
それに次ぐ遺族が遺影を持ち、
遺族全員が会葬者のほうを向いて並びます。

挨拶が終わったら、
遺族は会葬者に深く一礼します。

出棺の挨拶

葬儀 手順