元来はお亡くなりになられた人に付加される称号ではなく、仏道修行を行った、出家者に与えられるものでしたが、今では、変わる事が無い儀式などを、参加した一般の人にも、伝えられるようになっています。
壮大な祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養します。仏式の葬儀の場合は、祭壇の前には経机が置かれて、お坊さんが読経をします)色々な僧侶大勢の参列者を集めたお見送りの儀式でも、冷え冷えとした空気しか感じられない葬式も存在するし、大きな寺院に大きなお墓を建てようが、供養をする人が大していないお墓もある。
記念スペースに足を運んだ列席者の人々が○○さんはお酒を好んでたらふくご馳走になりました、と語られていて、ご遺族は驚かれていました。
一般人は俺たちは『法事』といわれていますが、基本的に言うと、先生にお経を読んで頂くことを「法要」と言うので、法要と食事の席も含んだイベントを『法事』と指します。
葬儀式を準備する人は遺族の代人者、地元の会長や関連団体、会社の関係者など、信頼のおける人の意見を照らし合わせて進めるのがいいと思います。

家族・親族と厳選された人を連れ添って、お別れを行う、葬式を、「家族葬」と言われるようになり、この頃、身近になって、こられました。
以前はお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)に遺族の挨拶はないのですが、近年では通夜に会葬者が増えており、謝辞を言う人も増加中です。
家族葬を想像して自分は『ご遺族だけのお葬式』『家族と友人だけの仏事』が過半数で家族葬のフィールドにに関係する同感も様々と言われています。
ですから弔辞を述べるご本人にしたら落ち着かなくなるものですから式中の流れに組み込む形なら、早めに変更が出来るなら、承認を得るようにしましょう。
長い月日使用されてきた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の腐食金具の劣化、彫刻の損傷金箔のめくれ、等にて、印象が悪くなります。

仏の供養に手を出す身内が失せてしまうとか身寄りの人、の代役として、菩提寺の僧侶にゆだねて、亡くなった故人の命日に、ある程度の年数、供養をして貰う事、永代供養の事を指します。
具体的にいうと葬儀会場のことにしても見事なホテルの会場が良いという思惑もあれば、寺院の格式ある雰囲気の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
大事な人の危篤を看護婦から告知されたら、家族や親族や己が会いたい人に、いの一番にお知らせしたほうが良いでしょう。
家族葬は何回も執り行うわけではないので、知っている葬儀業者がが少なくて病院から教えられた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に用いる事が多々あるようです。
しかしながら今時は火葬のみや家族葬を選択する家族が増加中ですので最後の時は一番好きな場所でと、自宅を選択する方も増加中です。

葬儀 手順