本人が存命中に行う葬儀

本人が元気で生きているうちに、
自らの葬儀を行うことを生前葬といいます。

宗教を伴わずに行うのが一般的です。

お世話になった人たちを招き、
お世話になったお礼を述べ、
お別れをするもので、
葬式全体の中での告別式に当たります。

行うメリットとしては、
本来なら出席できるはずのない会を、
自らが喪主となって行えるので、
進行や演出など、
自分の思いどおりにできること。

BGMや演出などにこだわり、
多くの場合、
葬儀というより、
パーティーのような雰囲気になることが多いようです。

日本では交際範囲の広い知識人が、
自らの社会的活動の幕を閉じることを知らせる機会として開催することが多く、
かつては水の江瀧子(女優)、
養老孟司(解剖学者)、
ピlトたけし(タレント)などが行っています。

同様に、
退職を機に故郷に帰ったり、
都会を離れてスローライフの第二の人生を歩むときの「リタイヤ宣言」として行い、
新しい人生の門出を祝ってもらう人もいます。

病気などで死期を告知された人が、
元気なうちにと考えるケlスもあります。

ちなみに生前葬を行った人の多くは、
本人が亡くなった際には家族葬や火葬式など、
内輪の葬儀を考えているようです。

招待客が気兼ねなく出席できるように

病気などで自分の死期を自覚した場合は別として、
一般に生前葬を行う場合、
いつ行うのか、
そのタイミングについて大いに悩むところです。

特別な記念日があればそれに合わせるのも一つの手です。

もしそのようなものがないときは、
喜寿( 打歳)や古希(70歳)、
米寿(88歳)といった、
歳の節目に合わせて行うとよいでしょう。

通常、
生前葬の招待状を受け取った側はかなり戸惑いを覚えるので、
喜寿や古希など、
長寿を祝う会を兼ねれば、
出席するほうも心の負担が軽くなり、
気兼ねなく出席できます。

さらに、
会の名称なども工夫したいところです。

お世話になった方々に集まっていただき、
感謝の言葉を伝えることが目的なので、
「生前葬」という名称ではなく、
「感謝の会」や「喜寿の会」といった、
まったくイメージの異なるものにするのがおすすめです。

その場合は、
この会が生前葬であることを招待状に一言添えたり、
もしくは会が終わるまで招待者には内緒にしておき、
最後のあいさつの際に、
会の意味合いとともに、
今までお世話になった感謝を述べるのもいいでしょう。

重要な祭壇たくさんの坊主たくさんの会葬者を集めた葬式だったとしても、
冷え冷えとした空気しか感じられない葬儀も存在するし、
大きな寺院に威厳あるお墓を建てようが、
お参り供養をする人がいないお墓もある。


満中陰法要の際と異なり日がたっても残るもので大丈夫だと考えますし住んでいる場所の慣わし等によっても、
バラバラですので、
デパートなどでお問い合わせされるのも百貨店などでご相談してみるのも、
いいと考えます。
死亡者の居住空間の始末掃除、
粗大ごみの廃材処理といった遺品生理は、
従来身内の方の営むという意識が大衆的でした。
今まではお通夜は故人と仲の良い人が夜更けまで故人に寄り添うのが慣習でしたが、
この頃は関係者をお呼びして通夜を施し、
2時間程度で完結するのが一般的だそうです。
被葬者の意思を受け身内だけで葬式をし終えたところ葬儀に参列できなかった人が、
手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、
くるようになりました。

この年まで冠婚葬祭業界をコネクトに坊主と一般人はやっとのことで接点を持ってきたが、
そのお葬式においても、
仏教離れが進行した。
喪家と言うものはご不幸のあったご家族を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使う事も多く喪家は関西各地を主体として、
適用される、
傾向がみられると考えられます。
僕が喪主となるのは母の葬儀嫁の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、
母親の葬儀も長男ではないので務めないし、
娘のお葬式も先に亡くなると喪主はなりません。
いかに第三者から聞いたような本に記載されているようなここが一番とされる場所にしてもいつでもお参りできない、
みたいな配置では、
効果がないのです無駄なのです。


大田区でお葬式の無料相談なら臨海斎場アクセス大田区の葬儀社・斎場選びを失敗しないために!

大田区の葬儀社の選び方やおすすめの斎場、

値段や人数などを紹介!

 

大田区に対応した、

格安の葬儀・追加費用0円の葬儀を紹介しています。

 

 

 

生前葬の香典と服装

生前葬という考え方は、
まだ社会的に浸透していません。

そのため会に招待されると、
服装や香典など、
どのようにしたらよいのかわからず、
戸惑うことが多くあります。

そこで、
生前葬を行う際は、
招待状一(案内状)には、
生前葬儀の理由に加えて、
会費の有無(通常、
香典は会費と理解される) 、
服装も明記しておきましょう。

一方、
生前葬の招待状を受け取ったし予れ場合、
会費制のときは、
酒落つ気で「お花料」「御香典」として持参してもいいかもしれません。

なお、
服装は、
招待状に「平服で」とあったら、
男性はダークスーツ、
女性は地味な色のスーツやワンピースにします。

 

先祖代々に関する供養ということで身内たちですべきことが、
一番ベストなのですが、
それぞれの事情で、
行えない時には、
お寺に電話をかけ、
卒塔婆を立てるご供養だけを、
要請する事もあります。
ご一家・親類と少数の限られた人達のみを招待して、
お別れが出来る、
葬儀を、
臨海斎場アクセス 家族葬」と見なされるようになり、
近頃、
馴染んで、
こられたそうです。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬式・法事だけしか関わらない僧侶」を揶揄しただけでなく「葬儀に関係するから穢れている」という内容をもったこともある。
妻や家族への想いを言付けするノートとして、
それから自己のための検討集約帳面として、
歳に関係なく気取らず筆を進める事が可能な、
実生活の中でも有益なメモです。
一昔前は通夜は故人の近しい人たちが徹夜で仏に寄り添うことが習わしでしたが、
今日日は関係者をお呼びして通夜を施し、
数時間で終わるのがポピュラーです。

本人・家族・仕事先近所の人・ご友人・趣味の範囲をチェックし適切な助言と、
最も適した臨海斎場アクセス 家族葬を、
ご説明します。
現状まで仏事業界を楔に僧侶と一般人は紙一重で接点を持ってきたが、
その冠婚葬祭においても、
仏教離れが進行した。
多くの家族はお葬式を出した事例がありませんおでいくらかかるのか不安相場がどれ位なのか知りたい、
と気にかかるようです。
良い葬儀とはお別れに邁進できる葬儀のことでスムーズに葬式を締めくくることができ、
きちんとサヨナラすることが、
良い葬儀と考えられます。
交わりのある寺院が不明、
本人の旧家の宗旨宗派が認識がない方は、
ひとまず親類や従妹に聞くのがいいですよ。